/** * コンタクトフォームスパム対策 * 参考 * https://kodocode.net/wordpress-plugin-contactform-secure/#toc_id_4 */ function wpcf7_validate_spam_message( $result, $tag ) { $value = str_replace(array(PHP_EOL,' '), '', esc_attr($_POST['your-subject'])); if (!empty($value)) { if (preg_match('/^[!-~]+$/', $value)) { $result['valid'] = false; $result['reason'] = array('your-message' => '日本語で入力してください'); } } return $result; } add_filter( 'wpcf7_validate', 'wpcf7_validate_spam_message', 10, 2 ); 「背守り」ワークショップ | ほどき屋

「背守り」ワークショップ

染色作家の鳴海友子さんの「背守り」ワークショップに参加しました。
場所は上野毛のKCC galleryです。

わが子の背後から魔物が入らないようにとの想いを込めて
母親が子どもの着物の背に縫い付けた「背守り」について
展示されている鳴海さんのコレクションの着物を見ながら
説明を受けました。

背紋用の図案を紹介する背紋帳や、明治時代の嫁の心得が書かれた「女児必要心得帳」も見せていただきました、

母親が子どもの健やかな成長を願って、ひと針ひと針縫った着物たちは
裕福な家庭のものと思われる貴重な生地もあれば、父親や母親の着物をほどいて仕立て直したものもみられました。

今回は、現代風に子どものTシャツに背守りをつけました。
基本の縫い方を教わったあとは、みんな好きなように仕上げました。

私は赤いフェルトで太陽を表し、水色の丸いフェルトで雨をあしらってみました。
鈴を付けて、音でも守られるようにと願いを込めてみました。
(実際に着て寝転がったら痛いと思いますが、ここはアートということで)
それから麻紐でリボンをつけました。

母親が、子どものことを思いながら手作業するのはよいものです。
鳴海さんの作品には、現代の子どもたちが好きなゴジラやバレエのイメージをほどこしたものもありました。

育児は大変なことではありますが、その時期ならではのこういう縫い物を
若いひとたちに伝えていけたらと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントに画像をアップすることができます(Jpegのみ)