赤い布


赤い布、いろいろ触ってみてこれが一番手にふんわりときたもの。悩んだ挙げ句、やっぱり膝のうえで手縫いにした。
中表にして、ちくちく縫いました。あえて白い糸。視力の弱い私に縫い目がちゃんとわかるように。
いやいや、紅白でおめでたい感じにしたかったのもある。

しかし、触っているだけでほわーっとあったかい。色の放つちからもあるのだね。
子どもの頃、運動会用のお手玉を母が縫ってくれた光景を思いだす。

ミシン縫いは、ダダーっと一気に運ぶのだけど、手縫いをしていると、これを使うであろう人が長生きしますようにとか、お仕事がうまく続きますようにとかいう想いが沸いてきて、一辺の端から端までは糸を切らずに縫ってみたいなどと思う。
下手の長糸とはよく言われた言葉で、へたくそほどやたらと長く糸を取ると母に言われた。

くるりとひっくり返したところ。

布屋さんに、これをカットしてもらうために持っていったところ、「お地蔵さんの前掛けでも縫うの?」と言われました。
いえいえ、お地蔵さんのじゃないですよ。さて、これがどうなるのかはお楽しみ。私の初挑戦で試行錯誤しながらすすみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントに画像をアップすることができます(Jpegのみ)