肩こり

ほどき屋アンケートの途中経過を見ました。
ほどきたいもの、それは「肩こり」という回答が一番多かったです。
「肩が凝る」とよく言い表しますよね?
だからといって、肩をごりごりと押しても叩いても
なかなかすっきりしないのではないでしょうか?
私は「肩がこる」という方に対しては、背中をほどくようにしています。
触ってみると確認できるのですが、背中がカチンカチンになっています。
身体は部位ごとに呼び名はありますが
私はトータルでひとつの身体だと思うので、自覚症状のあるところだけを揉んだり叩いたりはしないです。
それをやると、むしろ反発して固まる場合もあるからです。
凝っているところを強い力でほぐすには、力が必要です。
私は、自分の指が痛くなるのはいやだし、自分が強い施術でごりごりされるのも辛いので、身体全体をみて、どこからほどいていくかを考えます。
そう、もつれた糸をほどくときと同じなのです。
人によって、また同じ人でも、体調によって、その手順は毎回違います。
納得できるまでほどくには、予定以上に時間がかかる場合もあります。
(基本は60分に時間設定しています。)
だけど、60分コースで延長10分につきいくら追加ということはないです。
長い時間、揉んでほしい人には向かないかもしれませんね。
自分の身体をほどきたい人におすすめです。(^^)

2 thoughts on “肩こり

  1. D

    こんにちは!
    友人があろさんのアロマを受けた、すっごいよかったって教えてくれました。
    凝りをほぐすとはよく聞くけれど、ほどくというのは、新鮮なかんじ!
    たしかに、“ほぐす”よりは、“ほどく”ほうが、すごい治ってるかんじですよね!!
    そういえば、その子も、他のマッサージとかより、すごい長持ちするっていってました!!!
    今度、わたしもぜひお願いします!

  2. あろ

    Dさん、書き込みありがとうございます。
    ほどくという言葉には、ほぐすよりもさらにスムーズな意味合いを込めています。
    こちらが一方的にばらすのではなくて、同意の上で解決していけたらいいですものね!肩こりも。。。。。
    力を抜いて、ざっくばらんに参りましょう~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントに画像をアップすることができます(Jpegのみ)