/** * コンタクトフォームスパム対策 * 参考 * https://kodocode.net/wordpress-plugin-contactform-secure/#toc_id_4 */ function wpcf7_validate_spam_message( $result, $tag ) { $value = str_replace(array(PHP_EOL,' '), '', esc_attr($_POST['your-subject'])); if (!empty($value)) { if (preg_match('/^[!-~]+$/', $value)) { $result['valid'] = false; $result['reason'] = array('your-message' => '日本語で入力してください'); } } return $result; } add_filter( 'wpcf7_validate', 'wpcf7_validate_spam_message', 10, 2 ); 竹取物語 | ほどき屋

竹取物語


「いまは昔、竹取の翁といふもの有りけり。野山にまじりて竹を取りつつ、よろづの事に使ひけり。名をば、さかきの造となむいひける。」
かぐや姫として知られる「竹取物語」は私の大好きな日本の昔話です。
中学の家庭科の時間に、刺繍をすることになり、迷わずに「かぐや姫が月へ還るところ」を図案にしようと図書館へ走って行ったのを覚えています。
竹取物語の絵を刺繍にするのは、中学生だった私にはハードルが高いものでしたが、何色もの糸を使って作品を仕上げました。最近になって、なぜ私が「かぐや姫」に惹かれたのか、なんとなく分かるような気がしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントに画像をアップすることができます(Jpegのみ)