ちくちく….


ふんどしを縫いつつ、お客さんがきたらお茶を出すようなカフェができたらいいな。
自分が夢中に縫いものをしているときは、無愛想。。。
はずんだ声で「いらっしゃいませ!」なんて言わない。
「あ、来たのね」程度の感じで、おもむろに区切りのよいところで手を休めてお茶を煎れる。
「なんだ、この愛想のなさは」と思われようが、いっこうにかまわない。
むしろ、相手にされないひとりの時間を楽しむくらいの人に来てほしい。
願わくば、いっしょにちくちくとふんどしを縫ってもらえたら、あとはなんにも言いません。(笑)
これが私なりの心のほどき方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントに画像をアップすることができます(Jpegのみ)