/** * コンタクトフォームスパム対策 * 参考 * https://kodocode.net/wordpress-plugin-contactform-secure/#toc_id_4 */ function wpcf7_validate_spam_message( $result, $tag ) { $value = str_replace(array(PHP_EOL,' '), '', esc_attr($_POST['your-subject'])); if (!empty($value)) { if (preg_match('/^[!-~]+$/', $value)) { $result['valid'] = false; $result['reason'] = array('your-message' => '日本語で入力してください'); } } return $result; } add_filter( 'wpcf7_validate', 'wpcf7_validate_spam_message', 10, 2 ); 羽二重のふんどし | ほどき屋

羽二重のふんどし

昔の女学校で、まずは自分の下着を手縫いするということを教えたという記述を見たことがあります。現代ではおそらくこういう授業はないかと思われますが、かつては女子の嗜みとしての教育として重要視されていたようです。

さて、先日ふんどしの縫い初めをしました。しなやかな絹の羽二重で、光沢があります。この生地は自由が丘のDUCKさんで購入したものです。

低温でアイロンをかけると、さらに輝きを増します。薄手のシルクは、木綿とちがって折り印がつきにくいです。端の始末をする前にアイロンで生地を整えました。

今回は少し大きめに作ってみました。

お尻がすっぽり隠れます。木綿の赤もよいですが、下着として用いる絹はまた格別です。
みなさんも、Myふんどし作りをぜひ一度体験してみませんか?お気軽にお問い合わせくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントに画像をアップすることができます(Jpegのみ)