/** * コンタクトフォームスパム対策 * 参考 * https://kodocode.net/wordpress-plugin-contactform-secure/#toc_id_4 */ function wpcf7_validate_spam_message( $result, $tag ) { $value = str_replace(array(PHP_EOL,' '), '', esc_attr($_POST['your-subject'])); if (!empty($value)) { if (preg_match('/^[!-~]+$/', $value)) { $result['valid'] = false; $result['reason'] = array('your-message' => '日本語で入力してください'); } } return $result; } add_filter( 'wpcf7_validate', 'wpcf7_validate_spam_message', 10, 2 ); 1枚の布の物語 | ほどき屋

1枚の布の物語

涼しくなってきたのでちょっと針を持つのがたのしくなってきました。
今朝アイロンがけをしたのは赤い絹。
140907_0910

きっとずーっと昔に
お嬢さんの着物を作ってあげようとしたお母さんかお婆ちゃんが
「この着物の裏地にはこれだね」などと言いながら
選んだ生地だと想います。

ハレの日に、大事に着た着物は
時代とともにタンスのなかで眠り続け
あるとき「もう着るひともいないから処分しましょう」ということで
なにかしら縁あって私のところに来たのです。

狭い部屋で糸くずまみれになりながら
着物のすべてのパーツをほどき
色分けして手洗いし、缶にいれて保存しておいた布。

気がむいたときに気がむいた布を選んでふんどしに仕上げます。

140908_1649
端の始末をして、また手洗いしました。
赤は色落ちしやすいからです。
石鹸水を作って、じゃばじゃばじゃば….

過ぎ行く夏を惜しむかのようにチリンと鳴る風鈴の横で
風に吹かれます。
140907_0913

布もひとの意識を向けられる度に微妙に変化するように思います。
工場で合理的に量産されるふんどしにはない物語のふんどしが
こうやってできていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントに画像をアップすることができます(Jpegのみ)