/** * コンタクトフォームスパム対策 * 参考 * https://kodocode.net/wordpress-plugin-contactform-secure/#toc_id_4 */ function wpcf7_validate_spam_message( $result, $tag ) { $value = str_replace(array(PHP_EOL,' '), '', esc_attr($_POST['your-subject'])); if (!empty($value)) { if (preg_match('/^[!-~]+$/', $value)) { $result['valid'] = false; $result['reason'] = array('your-message' => '日本語で入力してください'); } } return $result; } add_filter( 'wpcf7_validate', 'wpcf7_validate_spam_message', 10, 2 ); 真夏の宵のディナーコンサート My Opera,My Musicals | ほどき屋

真夏の宵のディナーコンサート My Opera,My Musicals

夕べは有楽町の日本外国特派員協会でクラシックディナーコンサートでした。

夕陽の差し込むビルの20階で、お食事をいただきながらピアノが始まりました。

荻野陽子さん。。。。。
弾きはじめたピアノの音は、とても素朴な木の響きがしました。ピアノというよりも
木そのものを叩いている音に近いような気がしました。

ところが、2曲、3曲と進んで行くうちに音色はどんどん変わります。
萩野さんのヴァイブレーションが伝わって、彼女仕様に調教されていくみたいです。
指先から伝わる動きが、鍵盤で伸びやかな音になっていくとき
ふと私は「もっと自分の感情や気持ちにわがままでいいのよ」ということを思いました。
それは、おそらく彼女のピアノがとっても表情豊かで、ダイナミックに変化するのを聴いたからでしょう。
隣の席に座った女性とも、このピアノの見事さについては感想が同じでした。

続いてバリトン歌手の村山岳さんの歌が始まりました。
マイクを使わずに、会場に行き渡る彼の歌声は、とても繊細でした。
私は男性の喉が開いた太い声が好きです。
村山さんの歌の中に、純真で無邪気な青年を感じました。

私はクラシックは詳しくないのですが、生の楽器と生の声によるステージは
アーティストの振動みたいなものがよく伝わってきて、それに身をまかせていると
体内でいろんなものが動きます。

真っ白なテーブルクロスに、カラトリーがセットされたテーブル。
なるべく音をたてないようにお行儀よく聴き入るディナーショーでしたが
伝わってくる振動はそのままに楽しめました。
クラシックは堅苦しいとか敷居が高いとか思いがちですが
同じ空間を共有して、演者の揺らぎに乗らない手はないと思います!

夏のひととき、オペラやミュージカルの名曲の数々を聴き
気持ちが洗われたような気がしました。
萩野さん、村山さん、素晴らしい演奏と声を聴かせて頂き、ありがとうございました。

熱の伝わる音楽は、人をほぐします。
みなさんもぜひクラシックコンサートに足をお運びください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントに画像をアップすることができます(Jpegのみ)