ほどき屋とヌーソロジー

7月19日、渋谷で行われた「ヌース レクチャー2014」の最終回に参加してきました。

半田広宣さんが提唱するヌーソロジー、私は理解は十分にできていないのですが、とにかく惹かれるのです。

ヌーソロジー女子部、全員で前の方に陣取りました(笑)。
picture 1
内容についてはここでは詳しく触れませんが、新しい知のプラットフォーム(思想)という
なんとも未来に光がさすような、意識の反転が淡々と説明されました。

私は20代のころ「こまかいこと」「ばらばらに伸びてきたものの根っこをひとつにする」というイメージがひらめき
これがとても大事なのだと感じていました。

それをどう表現したらよいのかわからないまま、漠然としていたのですが、Tがヌーソロジーを勉強しているのを
ちらちら横で見聞きするにつけ、言葉のキレの美しさにつられて半田さんのツイッターをフォローするようになりました。

もともと言葉(日本語)にはとても関心が高かったので、理論よりも感受性で受け止めているというところです。

「こころとからだをほどく」をテーマにしているほどき屋としては、ヌーソロジーをいっしょに学ぶ仲間を募集中です。
とはいっても、少人数でお茶を飲みながら出たところのテーマを話し合っていくというざっくりした会です。

ほどいたあとの新しい方向性を、それぞれがもつことは大事だと思います。
自らをほどき、自らを光として進んでいける人が集うのはこの上なく楽しい場となるでしょう。

女子部とはいえ、老若男女問わずウェルカムです。
随時、お茶会の日程が決まればお知らせします。
というか、希望者がいれば日時が決定するというのもありです。

近々、今回の講座で知り合ったお友達と勉強会をしようと思います。
等々力渓谷のさわやかな風を受けながら、頭はすずしく心は軽く!!
たのしみです。(^^)

4 thoughts on “ほどき屋とヌーソロジー

  1. Φ=WHY?

    Φ=WHY?です。はじめまして。私も「ヌースレクチャー2014 in 東京」の最終回に参加しました。からだのことと言えば、よくコウセンさんが言われるヌーソロジーの大系観察子とチャクラの対応もなかなか興味深い話ですね。

  2. あろ Post author

    おぉっ、Φ=WHY?さん、はじめまして。m(_ _)m こっそり「ヌーソロジー攻略研究会」のブログ、こんなに丁寧に解説されてらっしゃるのだなぁ〜とありがたく拝見させていただいておりました。ご挨拶が遅れましてすみません。

    ヌーソロジーは、それぞれの切り口で解釈を持ち寄ると広がりがみえて面白いと感じています。

    わたしとあなた が きみときみのきみの、きみがよになりそうですね。

    さまざまな対応を知っていくうちに、実はシンプルなしくみなのだとうすうす実感しています。

  3. Φ=WHY?

    そうでしたか。ヌーソロジー攻略研究会のブログを見て頂いていたとは嬉しい限りです。ヌーソロジー女子会には男性ながら是非とも参入したいところですが、関西在住なので、時空を超えていかなければなりません。まだまだ「人間型ゲシュタルト」の私にはなかなか飛んでいけませんが、いつか機会がありましたら、参加させて下さい。

  4. あろ Post author

    あら、てっきり関東かと思いきや、関西の方でしたか!!
    女性ながらおっさんぽい(笑)メンバーの女子部なので、遠隔参加してください。また、こちらにいらっしゃるときにはお声がけくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントに画像をアップすることができます(Jpegのみ)