足もと

私は、なるべく近くの移動には歩きます。
そのときに、一歩一歩、足の裏が地面をしっかり捉えているかを確かめることがあります。
体調のいいときには、指が柔軟に身体を支えて動いています。
バランスがよくないときには、小指側に体重がかかり気味になります。
そうすると、見た目は内股気味になりますね。
足の内側に意識をむけて、一歩出たときに後ろになる足の親指側で
地面を蹴るようにして歩くと、身体が前に進んで歩きやすいです。
これはラテンダンスのウォークの応用です。
ボディ全体を使って前進する感じです。
股関節から前に出るのではなくて、胸から下が足と認識して歩くと背中も動きますから
よい全身運動になります。
見た目も足が長いような印象になります。
階段の上り下りにも、足に体重がどんなふうにかかっているか気をつけてみると
身体のくせがわかってきます。
足の内側が使われていないと、O脚っぽくなります。
身体の軸を感じてみてください。
そして頭の延長には天を、下半身の中心の先には地球の中心を思い描いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントに画像をアップすることができます(Jpegのみ)