雨の新月の日に

 わたしのなかを 
すべて開いて 
天高く両手をひろげる 
透明な柱となり 
ここに静かに授かるもの 

形なき 
目にみえないものものの 
その清らかさ 
その気高さ 
その静けさ

わたしの心根はどこまで透明になれるでしょう 
かたくなにしがみつこうとする数々の守り
空高く舞い上がることは 
すなわち内深く突き進むこと 

そのさきは限りなく 
歩むべきはあたりまえの日常

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントに画像をアップすることができます(Jpegのみ)