ものもらいについて

 ものもらい、目の上のまぶたがぷっくりと腫れて、ごろごろする、あの症状のことです。めばちことか、めいぼともいいますね。
大事な顔の、それも目の上の腫れ物はほんとうに厄介なものです。
私の育ったところでは、めいぼができると、そこに小豆をひと粒はさんで井戸に落とすと治ると言われていました。小豆には利尿作用があるので、ある意味、体内の水の流れをよくするように井戸に返すと腫れ物が引いていくということかもしれません。
あるいは、すぐに眼科医に行って切ってもらうという処置をとることもありますね。
私は、ものもらいになると、前屈みの姿勢で手の指をそろえて腹部の肋骨の間にゆっくりと差し込んで、このあたりを柔らかくマッサージします。固いところは多少痛いですが、ゆるんでいく痛さなので自分で力加減ができます。
ストレスで胃の通りが緊張したままになっていると、こういうところに出るように思います。
(なかなか良く描けた絵でしょ?)
肩や首はよくマッサージすると思いますが、お腹まわりも是非してみてください。ゆっくりやさしくほぐしていくと下半身もほかほかしてきていいですよ♪
テーマ:健康のためにやっていること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントに画像をアップすることができます(Jpegのみ)